ホーム > イヌ図鑑TOP > ボストンテリア

ボストンテリア

ボストンテリア

ボストンテリアの起源

ボストンテリアは、19世紀後半にボストンで作出された犬種です。

ブルドッグやブルテリアをはじめ、様々な犬種との交配で小型化されていきました。
テリアの血が入っているということもあり、活発な面がありますが、ブルドッグの穏やかな気質も受け継いでいます。

知能が高く温厚な性格とその毛色から、「アメリカ犬界の紳士」「タキシードを着た紳士」「小さなアメリカ紳士」など、様々な愛称で愛されています。

 

ボストンテリアの特徴と性格

人懐っこく愛嬌があり、優しい性格で無駄吠えも少ないので、米国ではもちろんのこと日本でもファンの多い人気犬種です。

テリアの血が入っている為、テンションが上がると興奮してしまったり、可愛いからと甘やかしすぎたり、あまり遊んであげなかったりすると問題行動を起こしてしまうこともあります。
仔犬のときから、けじめのあるコミュニケーションを取るように心がけ、飼い主と犬との上下関係をハッキリさせることが大切です。

 

ボストンテリアは短毛種ですが、抜け毛は多いのでブラッシングは必須です。

鼻の短い短吻種なので、過剰な運動や気温・体温の上昇で呼吸困難にならないよう注意が必要です。
また、暑さに弱いので、夏の散歩はやめては室内での運動でも問題ありません。


ネコの気持ち

犬の気持ち

注目ワード