ホーム > イヌ図鑑TOP > ダルメシアン

ダルメシアン

ダルメシアン

ダルメシアンの起源はヨーロッパやエジプト、インドなど・・言われていますが、はっきりとは分かっていません。
18世紀の中ごろには、現在のクロアチアにあるダルメシアと呼ばれる地域に由来すると考えられていますが、存在が記録されていたため、これもまた確認はできていません。しかし、後にこのダルメシアという土地の名前からダルメシアンと呼ばれるようになったようです。

四輪馬車や同じく馬が引いていた消防車の伴走犬として、馬とともに走り荷物や馬を守る護衛犬として活躍していました。現在でも、イギリスやアメリカ、カナダなどの国では、消防署のマスコット犬として人気です。

ダルメシアンを主人公にしたディズニー映画をきっかけに、一般家庭でも広く飼われるようになりました。
 

ダルメシアンは白地に水玉模様という特徴的な容姿をしており、体は筋肉質で引き締まり、全体的なバランスがよく優美な印象を与えます。大型犬の中ではコンパクトなため、中型犬として分類している国もあります。
体高はオス56~61cm、メス54~59cm、体重はオス約27~32kg、メス約24~29kgがスタンダードとされています。

ダルメシアンは先天性聴覚障害の多い犬種といわれています。これは毛色の白の遺伝子により起きる現象で、斑の色や性別には関係ありません。ブルーアイの個体には特に起こりやすく、ブルーアイのダルメシアンからは聴覚障害の子犬が産まれる確率が高いことから繁殖には使えません。

飼い主さんや家族に対してはフレンドリーで陽気ですが、初対面の犬や見知らぬ人には神経質になり、警戒心を見せることがあります。

馬車の伴走県として活躍していただけあって、かなりの体力と持久力があります。とにかく走ることが大好きなので、飼い主さんとともにジョギングするのも良いでしょう。ドッグランのような広い場所で自由に走り回れるような運動も必要です。

ダルメシアンの毛色については、白地にブラックもしくはレバースポットの二種類のからーがあり、スポットは丸く明瞭で、一つ一つの模様が分裂し、さらにブラックとブラウンやレバーなどのカラーが混合されていないものが好ましいとされています。

ダルメシアンの起源はヨーロッパやエジプト、インドなど・・言われていますが、はっきりとは分かっていません。
18世紀の中ごろには、現在のクロアチアにあるダルメシアと呼ばれる地域に由来すると考えられていますが、存在が記録されていたため、これもまた確認はできていません。しかし、後にこのダルメシアという土地の名前からダルメシアンと呼ばれるようになったようです。

四輪馬車や同じく馬が引いていた消防車の伴走犬として、馬とともに走り荷物や馬を守る護衛犬として活躍していました。現在でも、イギリスやアメリカ、カナダなどの国では、消防署のマスコット犬として人気です。

ダルメシアンを主人公にしたディズニー映画をきっかけに、一般家庭でも広く飼われるようになりました。
 

ダルメシアンは白地に水玉模様という特徴的な容姿をしており、体は筋肉質で引き締まり、全体的なバランスがよく優美な印象を与えます。大型犬の中ではコンパクトなため、中型犬として分類している国もあります。
体高はオス56~61cm、メス54~59cm、体重はオス約27~32kg、メス約24~29kgがスタンダードとされています。

ダルメシアンは先天性聴覚障害の多い犬種といわれています。これは毛色の白の遺伝子により起きる現象で、斑の色や性別には関係ありません。ブルーアイの個体には特に起こりやすく、ブルーアイのダルメシアンからは聴覚障害の子犬が産まれる確率が高いことから繁殖には使えません。

飼い主さんや家族に対してはフレンドリーで陽気ですが、初対面の犬や見知らぬ人には神経質になり、警戒心を見せることがあります。

馬車の伴走県として活躍していただけあって、かなりの体力と持久力があります。とにかく走ることが大好きなので、飼い主さんとともにジョギングするのも良いでしょう。ドッグランのような広い場所で自由に走り回れるような運動も必要です。

ダルメシアンの毛色については、白地にブラックもしくはレバースポットの二種類のからーがあり、スポットは丸く明瞭で、一つ一つの模様が分裂し、さらにブラックとブラウンやレバーなどのカラーが混合されていないものが好ましいとされています。


ランキング

注目ワード