ホーム > イヌ図鑑TOP > ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグは、19世紀後半、ドイツの山岳地方にいた牧羊犬をドイツ陸軍が改良して作出しました。



 

ドイツ(ジャーマン)の牧羊犬(シェパードドッグ)という意味です。

戦時下では軍用犬として用いられましたが、知的で忠誠心と服従心に富み訓練を好む性格から、現在では警察犬・災害救助犬・麻薬探知犬など、特殊な訓練を必要とする作業犬として活躍しています。

ジャーマン・シェパード・ドッグは体高より体長がやや長めの体型で、滑らかなカーブのラインが特徴的です。
顔つきは精悍で、逞しい体躯に強靭な筋力で動きは俊敏です。

 

 

警戒心が強い犬の場合は、知らない人や犬に対して攻撃的になることもあるので、幼少期に正しく躾をすることが重要です。
賢い犬なので、躾けは難しくありません。
被毛はダブルコートで換毛期には非常によく毛が抜けるので、散歩の後にブラッシングをするなどしましょう。


ネコの気持ち

犬の気持ち

注目ワード