ホーム > イヌ図鑑TOP > ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリア

1800年代のイギリスで、イギリスケンネルクラブ創立メンバーでもあった牧師のジャック・ラッセルが、趣味のキツネ狩りに適した猟犬を作ろうと考え、フォックス・テリアをベースにしジャック・ラッセル・テリアを作出しました。

キツネの巣穴に潜った時にもひるまないようにさらに強い気質を持つブルテリアなども交配されたことで、見かけのかわいらしさに反する気性の荒い面を持つようになりました。

その後、ペットとして飼いやすくするために、オーストラリアでウェルシュ・コーギー・ペンブロークなどと交配し、短脚で少し温厚になった犬が現在のジャック・ラッセル・テリアです。

ジャック・ラッセル・テリアは好奇心が旺盛で、俊敏で勇敢です。
気が強く頑固な面もあるので、子供のころからの徹底した躾が必要です。
また、とてもタフな犬種なので、体力発散のためにも十分な運動量が必要です。
本来の役割や気質・持ち前の俊敏さを生かして、きちんとトレーニングをしたうえでドッグスポーツをするのも一案でしょう。

体高よりも体調が長く、筋肉質のボディです。

藪の中や穴の中で作業する時に小枝や小石などで皮膚にダメージを受けないように、硬く粗い被毛となっています。
長さによって、スムース(短毛)、ラフ(長め)、これらの中間にあたるブロークンのの3種類に分かれています。

1800年代のイギリスで、イギリスケンネルクラブ創立メンバーでもあった牧師のジャック・ラッセルが、趣味のキツネ狩りに適した猟犬を作ろうと考え、フォックス・テリアをベースにしジャック・ラッセル・テリアを作出しました。

キツネの巣穴に潜った時にもひるまないようにさらに強い気質を持つブルテリアなども交配されたことで、見かけのかわいらしさに反する気性の荒い面を持つようになりました。

その後、ペットとして飼いやすくするために、オーストラリアでウェルシュ・コーギー・ペンブロークなどと交配し、短脚で少し温厚になった犬が現在のジャック・ラッセル・テリアです。

ジャック・ラッセル・テリアは好奇心が旺盛で、俊敏で勇敢です。
気が強く頑固な面もあるので、子供のころからの徹底した躾が必要です。
また、とてもタフな犬種なので、体力発散のためにも十分な運動量が必要です。
本来の役割や気質・持ち前の俊敏さを生かして、きちんとトレーニングをしたうえでドッグスポーツをするのも一案でしょう。

体高よりも体調が長く、筋肉質のボディです。

藪の中や穴の中で作業する時に小枝や小石などで皮膚にダメージを受けないように、硬く粗い被毛となっています。
長さによって、スムース(短毛)、ラフ(長め)、これらの中間にあたるブロークンのの3種類に分かれています。


ランキング

注目ワード