ホーム > おすすめ記事一覧 > 愛犬と楽しくお散歩をするために
愛犬と楽しくお散歩をするために

出典元: sutterstock.com

愛犬と楽しくお散歩をするために

ペット情報サイトCoo(クー)編集部|投稿日 2019-05-16

楽しくお散歩をしよう

基本的に犬はお散歩好きな子が多いですよね。
近頃はしっかりとトイレトレーニングをして、家の中の決まった場所で排泄をするワンちゃんも増えてきましたが、心身の健康のためにも毎日のお散歩をしてあげたいですね。

愛犬とのお散歩のとき、「うーん、困ったなぁ」「どうしちゃったんだろう?」と感じることのある飼い主さんもいるでしょう。
そんな時、犬はどんな気持ちでいるのでしょうか。
愛犬の気持ちを理解することで、対処できることもあるかもしれません。

歩かない

せっかくのお散歩なのに、歩かないと意味ないですよね。
でも、ジーっと立ち止まったまま動かないワンちゃん、結構みかけます。

お散歩の途中で立ち止まり歩かない場合、何かに怯えているのか、飼い主さんが行こうとしている方向に行きたくないか、においを嗅ぎたいなど、ワンちゃんなりに何かを主張しています。
ワンちゃんが動かなくなってしまった時は、耳やしっぽの様子を見てください。
 

しっぽが丸まって股の下に入っているのは、恐怖を感じているサインです。耳を後ろに倒している時も同様で、不安や怯えの仕草です。
こうした様子が見られないときは、ただただ歩くのが嫌で「抱っこして」と飼い主さんに甘えていることもあります。
怖がっている時は、撫でたり声を掛けたりして、ワンちゃんの気持ちを落ち着かせてあげると良いでしょう。

 

ずっとニオイを嗅いでいる

お散歩中に道端のニオイを嗅ぐのは、気になるニオイを見つけて、更に情報を得ようとしているからです。
特に植え込みなどには様々なニオイが集まっているので、犬の本能を刺激されてしまいます。
耳を上げ、しっぽを高く上げたりフリフリを振っている時は、とてもワクワクした気持ちです。そして、好奇心旺盛なワンちゃんほど、熱心にニオイチェックをします。

犬はニオイを嗅いで、様々な情報を収集します。
ニオイを嗅ぐ行為は犬の本能からですが、お散歩中は飼い主さんがコントロールするようにしてください。

農地や畑のそばなどは農薬散布の可能性がありますし、空き地や原っぱなどは除草剤を巻いている場合があるので特に注意が必要です。

その他、犬はニオイを嗅いだ後にマーキング(オシッコ)をする習性があるので、マーキングをさせてはいけない場所では鼻を近づけないようにしましょう。

よく読まれている記事
愛犬が風邪を引いたかも?

愛犬が風邪を引いたかも?

愛犬を熱中症にさせないために

愛犬を熱中症にさせない...

老犬のトイレのお世話

老犬のトイレのお世話

犬の口臭、原因と予防について

犬の口臭、原因と予防に...

ペット用のカートについて

ペット用のカートについて

マダニから愛犬を守ろう

マダニから愛犬を守ろう


ネコの気持ち

犬の気持ち

注目ワード